×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

中古車についての関連書籍を一覧紹介
中古車情報をお探しの方にオススメの書籍一覧です。

新着順に中古車に関連する情報を紹介
新しい新着順に中古車に関連する情報を紹介しています。

中古車に関連するアイテムや商品の通販サイト
購入者の感想などが多い順番に紹介していますので、購入前の参考になると思います。

【格安・激安】中古車に関連するアイテムの通販
中古車に関連するアイテムや製品などを購入しやすい格安アイテム順に紹介

スポンサードリンク

中古車に関連するアイテムや商品の通販サイト
購入者の感想などが多い順番に紹介していますので、購入前の参考になると思います。

【格安・激安】中古車に関連するアイテムの通販
中古車に関連するアイテムや製品などを購入しやすい格安アイテム順に紹介

中古車についての関連書籍を一覧紹介
中古車情報をお探しの方にオススメの書籍一覧です。

新着順に中古車に関連する情報を紹介
新しい新着順に中古車に関連する情報を紹介しています。

車を購入する時の種類

車の種類についてここでは、見ていきたいと思いますが、ここでの車の種類の分類は、「新車」、「中古車」、「新古車」、「展示車」のように車の種類を分類して車の種類を紹介していきたいと思います。
車の種類の1つ目は、「新車」ですが、新車とは、ご存知の通り、新しい車のことになります。
車の種類の2つ目は、「中古車」ですが、中古車は、今までに、誰か他の人が車のオーナーとして乗っていた車のことを中古車と言います。
車の種類の3つ目は、「新古車」ですが、新古車は、車を購入する前に運輸運局にてナンバーが登録された車のことで、新車と比べると少し使用された車になりますが、実際には、ほとんど未使用と言ってもいいような車のことで、車の状態は、新車とあまり代わりません。新車とあまり代わらない状態ですが、価格は新車よりも安くなっており、さらに、税金に関しても新古車は、新車と比べると優遇されるのでお得な車といえます。
車の種類の4つ目は、「展示車」ですが、展示車は、車の販売用にディーラーなどの展示会場で展示していた車になります。この展示車は、車のデザインがリニューアルされた場合などは、ディーラーの在庫として残ってしまいますので、ディーラーなどと仲良くしていると展示車を購入できるかもしれません。もちろん、展示車の場合には、新車と比べると価格が安くなることが多いです。
以上のように車の種類としても車を購入する事から考えた場合には、車は、「新車」、「中古車」、「新古車」、「展示車」の4つに分類されます。もしも、新古車や展示車を購入することができると価格てきに安くなるのでラッキーだと思います。新古車や展示車を購入したい場合には、ディーラーなどのお店によく通いお店のスタッフと仲良くなると新古車や展示車を購入することができるかもしれませんね。

中古車についての関連書籍を一覧紹介
中古車情報をお探しの方にオススメの書籍一覧です。
新着順に中古車に関連する情報を紹介
新しい新着順に中古車に関連する情報を紹介しています。
中古車に関連するアイテムや商品の通販サイト
購入者の感想などが多い順番に紹介していますので、購入前の参考になると思います。
【格安・激安】中古車に関連するアイテムの通販

ボディーによる車の種類

車のボディーの種類には、「クーペ」、「セダン」、「ハードトップ」、「SUV」、「ハッチバック」、「ミニバン or 1BOX」、「ステーションワゴン」、「ピックアップ」8つの種類があります。これらの8つの種類の車のボディーについて紹介しておきたいと思います。
まずは、「クーペ」という車の種類ですが、クーペはスポーツタイプの車のボディーとして使われることが多いので、車体が低く、さらに、後部座席が極端に狭くなっている場合もあります。
次に、「セダン」という車の種類ですが、セダンは、標準的な車のボディーで一般的なタクシーのようなボディーで、ドアが4つにトランクあ付いている種類の車をセダンと言います。
「ハードトップ」という車の種類ですが、これは、セダンの車のボディーの窓枠が無いタイプの車になります。
「SUV」という車の種類ですが、SUVは、悪い道にでも走行しやすく車高が高く、また、タイヤも大きいものがついているタイプの車で、ジープ系の車です。
「ハッチバック」という車の種類ですが、ハッチバックは、車の後部にトランクが無く、上下にあげてあけるドアが付いており、後部座席の後ろに荷物がつめるようになっています。
「ミニバン or 1BOX」という車の種類ですが、背が高く7人〜8人程度が乗れる居住性が高いのが特徴な車です。
「ステーションワゴン」という車の種類ですが、ステーションワゴンは、セダンのトランク部分を無くして車内を広げた感じになっており、天井がセダンのトランクルームまで延びていて、多くの荷物がつめるようになっている車です。
「ピックアップ」という車の種類ですが、ピックアップは、車の後ろが荷台になっているトラックのことを言います。
車のボディーの種類ごとによって、車は、「クーペ」、「セダン」、「ハードトップ」、「SUV」、「ハッチバック」、「ミニバン or 1BOX」、「ステーションワゴン」、「ピックアップ」に分類することができますが、ここでの説明で、車のボディーによる種類の違いが理解できたでしょうか。

車のオイルの種類

オイルは、車にとって大切なものですが、ここでは、車のエンジンオイルの種類について紹介したいと思います。車のエンジンオイルは、販売されているエンジンオイルの種類をみると色々な種類のエンジンオイルがあり、値段も高いエンジンオイルから安いエンジンオイルまで色々とあります。ここでは、このような多くの種類があるエンジンオイルについての基礎的な種類を紹介しておきたいと思います。
車のエンジンオイルの種類は、販売されているエンジンオイルの種類を見ると、いっぱいあるように思えますが、エンジンオイルの基本は、ベースオイルと添加剤を混ぜたものがエンジンオイルになります。車のエンジンオイルの種類が増えるのは、このエンジンオイルに入れるベースオイルの種類や配合割合によって、エンジンオイルの種類が増えるようです。ベースオイルの種類には、化学合成油、部分合成油、鉱物油の3つの種類になります。
鉱物油は、値段も安く一番普及しているベースオイルですが、化学合成油、部分合成油のベースオイルと比べると性能が落ちるようです。次に、化学合成油は、もっとも効果のベースオイルになり、性能も良いベースオイルになります。最後に部分合成油は、化学合成油と鉱物油を配合したベースオイルで、化学合成油の性能の良さと鉱物油の値段の安さをあわせもったベースオイルになります。
このようにエンジンオイルは、ベースオイルの化学合成油、部分合成油、鉱物油と添加剤を混ぜることによって、車のエンジンオイルの種類が多くなっているようです。

Copyright © 2008 車のセダン・クーペのボディーの種類情報.info